静岡市内トランクルーム事情とは・・・

静岡市内の人口は、688,485人で世帯数297,126の街並みです。駿河湾面し、三保の松原と日本平から見える富士山の眺めで知られています。

マンションや共同住宅にお住いの方も多く、収納問題は深刻ではないでしょうか?いくつかのレンタル収納スぺ―スやレンタル倉庫がありますよね。
自分の自宅や職場に物が溢れていることはありませんか?
どこかにスペースがあれば整理整頓ができるとお考えの人も多いのではないでしょうか?
そんな時にトランクルーム・レンタル倉庫があると便利だとは思いませんか?

トランクルームの種類は様々、しっかりと把握してみましょう。

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルーム静岡

物置型トランクルーム

メリット

  1. 毎月の賃料が安くて、スペースが広い
  2. 自家用車と社用車を横付けできる
  3. 臭いが有るものでも収納できる(ペンキ)など

デメリット

  1. 夜は暗くて怖い(女性は行きにくい)
  2. 温度調整が出来ない
  3. セキュリティー管理がない(鍵は南京錠)
  4. 敷地内に誰でも入れる
  5. 天候に左右される(荷物出し入れ)

屋内型トランクルーム

メリット

  1. 明るい室内 365日・24時間出し入れ自由(室内は明るので女性でも安心)
  2. セコムの入退室管理(契約者のみ入退室可能)
  3. 空気循環設備(扇風機・換気扇)
  4. 専用駐車スペース完備
  5. 利用用途に合わせて広さを決めれる(0、4帖タイプ~2、1帖タイプ)

デメリット

  1. コンテナより少し割高
  2. 3帖や4帖タイプのご用意が無い
  3. メインの通りなどに店舗があまり無い

この様に屋外型コンテナと屋内型トランクルームの違いは沢山ありますが、1番どこに重点を置くかは、お客様の用途・効率 ・感覚で決めてみて下さい。

屋外型コンテナは約20年前から市場に出始め、現在では静岡市内を車で走るとあちらこちらで屋外型コンテナを見かけませんか?

特に静岡市内はコンテナボックスが至る所に配置せれています。どんな方が屋外型コンテナを利用するのか?建築関係の方や大工さん・塗装屋・土木関係などの業種の方が多いようですが、個人の方でも利用されている事もあるようですね。

静岡市内の屋外型トランクルーム業者

  1. 加瀬倉庫
  2. ハローストレージ
  3. 富士見トランク
  4. 株式会社トーリク
  5. 三協フロンティア ユースペース

屋外型コンテナボックスを展開しています。
しかし、最近ではコンテナの部屋が大きいのと、外部環境によって中に入れる保管物に影響があるということで、屋外型トランクルームを敬遠しビルや建物の中にある屋内型トランクルームを選ぶ方も多くなりました。
近年では屋内型トランクルームも静岡市内に増えている傾向となります。

静岡市内屋内型トランクルーム業者

  1. 富士見トランク
  2. 株式会社トーリク
  3. プラスルーム静岡

特に屋内型トランクルームですとビルを一棟貸しにしていたり、立地が良い店舗ですとトランクルームを借りる家賃が他と比べて高いと言う事もあります。

しっかりと広さや用途に合わせて選び特にキャンペーンなどがある店舗・無い店舗がありますのでしっかりと確認しキャンペーンは上手く活用してみましょう。

トランクルーム静岡プラスルーム

全国版トランクルームプラスルーム

e-トランク